株取引





 中川翔子 プロフィール 







[PR]IMAGE


[中川翔子 プロフィール]
女優・漫画・歌・ブログなど多方面での活躍を見せていることから、単なるアイドルやタレントではなくマルチタレントと分類される。

アイドルにしては珍しくオタク方面に関する知識が深い。これは彼女によると父の影響だという。中川勝彦は、当時5歳の翔子に「これを読まないと大人になれない」と言い、『ゲゲゲの鬼太郎』と『赤ん坊少女』をいきなり全巻買って与えたりするような人物だったというエピソードもある。父親の教育の賜物か、年齢の割に昔のアニメ、80年代アイドルソング、及びレトロゲームなどに詳しい。『ドラゴンボール』も大好きである・・・ranking

特撮ではスーパー戦隊シリーズが好きで、中でも『未来戦隊タイムレンジャー』のタイムピンクことユウリを神と崇めており、当時後楽園ゆうえんちで行われていた戦隊ショーに徹夜で並んで最前列で見ていた過去を持つ。そして自身も2004年の『特捜戦隊デカレンジャー』第38話で念願のゲスト出演を果たした(なお、『地球戦隊ファイブマン』に子役で出演した事もあるらしい)。自身は、自分が芸能界に目を向けたきっかけは、父ではなくユウリを演じた勝村美香への憧れであり、グラビアの仕事をする際のお手本も勝村の写真集やDVDだと語っている。そのあこがれの人・勝村とは後に『メンB』で一緒に出演し、今では彼女の妹分のようになっている。
芸能方面では、ブルース・リーのファンでありカンフー映画に関する造詣も深い。広東語を習い覚えたり、母親と共に何度も香港を訪れたりもしている(広東語については実はすぐにやめてしまい、ほとんど分からないがハッタリでプロフィールに書き続けていると番組内で告白している)。ジャッキー・チェンとは香港旅行の際、彼の経営するレストランで偶然出会って知り合いになった。本人の描いたイラストは香港のジャッキー・チェンの事務所に飾られている。また自分用のトラックスーツや自作のヌンチャク(ピンクのファー付き)まで所有する。また、松田聖子の大ファンである。このほかSOUL'd OUTやモーニング娘。やカントリー娘。のファンとしても知られ、ライブの観覧経験もある・・・ranking
16:59 | 中川翔子
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。