株取引





 コブクロ動画大全集 







[PR]IMAGE


[コブクロ プロフィール]

コブクロは、日本の2人組J-POP・フォークデュオ。

小渕健太郎(こぶち けんたろう、1977年3月13日 -)宮崎県出身。O型。身長168.2cm。宮崎県立宮崎工業高等学校卒。
ギター・ボーカル 担当。他にハーモニカ、三線、指笛を演奏することもある。コブクロの楽曲の多くを作詞作曲している。高校卒業後、大阪で就職していた。シロアリ駆除会社のセールスマンをしながら弱冠20歳で主任に昇格し、多くの部下を抱えていたと言われる。音楽活動専念の為退社すると言ったときには、会議室に閉じ込められ8時間もかけて説得された。現在のトークもセールスマン時代に培われたもの。ダーツにはまっていて、ダーツの大会にも参加したことがある。視力が悪く、コンタクトレンズを使用している。

黒田俊介(くろだ しゅんすけ、1977年3月18日 - )ボーカル、大阪府堺市(現在の)堺区出身。O型。身長193.4cm。大阪体育大学浪商高等学校出身。
ボーカル担当。9thシングル「DOOR」など、作詞作曲を手がけた楽曲もある。野球部に所属していた。テレビゲームが趣味で、スキマスイッチの常田真太郎にウイニングイレブンで勝負を挑まれた。視力は極めて良好・・・ranking

東京で初めて路上ライブをした際、人が全然集まらず「東京の人は冷たいな〜。」と思っていたら、実は大雨で渋谷が冠水して大変なことになっていた。次のハチ公前での路上ライブでは人が100人以上集まり「俺らすごいやん!」と思っていたら、実は郷ひろみの路上ゲリラライブ(GOLD FINGER '99)だった(黒田は背が高いため野次馬の中で頭一つ飛び出ていたため、テレビで見て自分がすぐわかったらしい。これが初のワイドショーデビュー)。
コブクロがメディアに出るきっかけになったのは、京都で路上ライブをしているときに、森脇健児から「自分ら歌うまいなあ。ラジオで歌って見いひんか?」と声をかけられ、KBS京都に出演したのがきっかけである・・・ranking
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。