株取引





 亀田史郎VSやくみつる+ガッツ!! 







[PR]IMAGE


[亀田史郎プロフィール]

亀田三兄弟(かめださんきょうだい)は、父・亀田史郎がトレーナーを務めているボクシング兄弟である。尚、この「亀田三兄弟」は商標登録が成されている。

亀田史郎(かめだ しろう、1965年5月22日 - )は、協栄ジム所属のボクシングトレーナー。亀田三兄弟の父親にして、三人のボクシングの指導者。三兄弟のボクシングデビューが話題となり、人気が出るにつれて、トレーナーでもある父親の史郎も注目を浴びるようになった。その独特の教育法、指導スタイルや言動をめぐっては、評価が分かれ、物議を醸している・・・ranking



中学時代は喧嘩番長で、「西成区にある中学の三年生番長全員をぶちのめした」と吹聴している(もちろん社会的に許される行為ではない)。地元西成区では、彼自身も2人の兄と共に「亀田三兄弟」としてある意味「有名」だったという。
妻(三兄弟の母親)とは2003年に離婚した。その際、幼い長女を含む4人の子供は全員史郎が引き取った。
自身の離婚、息子のボクシングのスランプといったことが重なった時期、「ボクシングをやめたい」という息子に、「お前がボクシングをやめたら、亀田家は食べてゆけない」と発言。当時働いていた解体現場で兄弟に銅線を拾わせて生活費にした(自伝より)。
最初はボクシングは、いじめられっ子だった興毅に史郎が強制。あまりの過酷な練習に「ボクシングはやめたい」と言うと、暴行を加えた上で「どっか行ってひとりで住め。自分で働いて飯食え」と家の外に放り出し、食事も与えないという児童虐待を行っていた事実を明かしている。
教育については独自の考えがあるようだが、中学生である三男の和毅を学校に登校させていない。これは、日本国憲法で規定された教育を受けさせる義務(義務教育)を完全に怠っている。現に、プロである興毅、大毅の合宿に平日で普通なら学校に行っているはずの和毅までも堂々と合宿に参加している。言うまでもなく、これは、親である史郎の責任である(就学義務は保護者などの義務であり、当事者の義務ではない)。ただし和毅本人が自由意志で不登校を選択するのであれば、本人・保護者ともなんら罰則は与えられない。逆に、本人が学校に行きたいのに、家事を強制するなどして保護者が通学をしないようにした場合は、就学義務違反となる。
既述の独特の練習を行うために、時折海や山で合宿を行うことがある。夏季や冬季といった、中学校の長期休暇期間ではない場合もある。これには報道関係者が取材で同行するが、カメラマンが気遣って和毅のみを構図から外そうとしても、史郎は無頓着に三兄弟を並ばせることが多い。練習内容を報道しても、和毅が学校に行かずに合宿に同行している件には全く触れないという不自然な事態が続いている。和毅の不登校を取り上げるのは週刊文春や週刊新潮などのみである。
魚を取るためのモリに布を巻きつけ、ストレートに見立ててそれをかわさせるという奇想天外な鍛錬方法を編み出した。これも何度も刺さって流血したといい、殺人未遂であると非難を浴びた。
ロックバンド「T-BOLAN」のファンで、森友嵐士を息子の試合や合宿に招待。合宿で食事を共にし、2006年8月2日に行われた亀田興毅のWBAライトフライ級タイトルマッチでの君が代独唱を依頼した・・・ranking
13:45 | 格闘技
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。