株取引





 魔裟斗vsアルバート・クラウス 







[PR]IMAGE


[魔裟斗プロフィール]

魔裟斗(まさと、1979年3月10日 - )はK-1選手(ミドル級)である。身長174cm、体重70.0kg。血液型はO型。日本人初のK-1MAX世界王者。シルバーウルフ所属。本名小林雅人。キックボクサーでありながら、ボクシングセンスにも定評がある。千葉県柏市出身。両親の都合で柏市から埼玉県新座市へ引っ越す。

朝霞第四中学校卒。
脱税事件や教育方針で批判の多い佐藤栄学園経営の埼玉栄高等学校に入学したが「雰囲気が俺と合わない」との理由で自主退学した・・・ranking

10代の頃にボクシングジムに通っていた魔裟斗は、元々はパンチを武器とする典型的なインファイターであった。しかし、近年では、左右両方のパンチのコンビネーション・キック・ひざ蹴りなどの打撃を放つスタイルへと変わった。ディフェンステクニックで相手が放つ大振りなパンチをかわし、カウンターを合わせる。最も得意とするブローは相手の右を左でブロックし、即左フックを返すというものである。
K-1 MAXの主役級の扱いを受けている魔裟斗は海外の選手から研究され狙われる立場であり、2004年ごろから判定決着が極度に増えてきている。(2004年は5戦5判定KO勝ちなし、2005年は3戦2判定1KO勝ち、2004〜2006年(7月現在)を合算すると、12戦10判定2KO勝ち・・・ranking
14:21 | 格闘技
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。