株取引





 言葉にできない モーニング娘。編 







[PR]IMAGE


[辻 希美 裏情報]

辻 希美(つじ のぞみ、1987年6月17日 - )は、日本の歌手、タレントである。ハロー!プロジェクト所属の女性デュオW(ダブルユー)のリーダーで、元モーニング娘。の第4期メンバー。東京都板橋区出身。血液型O型。愛称は、のの、のん、辻ちゃん、ののたん、のんちゃん、つーじー・・・ ranking

「のの」の由来は辻が小さい頃「のぞみ」の「ぞ」を発声出来ず「ののみ」になった為。
口元の八重歯が特徴的。但し現在は矯正した為、良く見ないと分からない。
同期の石川梨華の事を自分の母親の様に慕っている。又、先輩の安倍なつみや飯田圭織に抱きついたり膝に乗っかったりと甘えん坊な面も有る。安倍のモーニング娘。卒業時には辻が感極まって卒倒した場面も有った。
後輩ではあるが、同学年の小川麻琴や紺野あさ美とも仲が良く、紺野は「辻ちゃんに憧れて、(モーニング娘。の)オーディションを受けた」と告白している。
共にWを結成している加護亜依とは一番の仲良しであり、又一番のライバルでもある。「この二人によってモーニング娘。は老若男女に知られる『国民的アイドル』になった」との声も有る。
モーニング娘。として出した曲に於いてメイン・センターで歌った事は無く、ソロパート自体も少なかった。4期で唯一タンポポ・プッチモニに加入する事が出来なかった。加護亜依の謹慎迄、純粋な意味でのソロ活動も皆無であった。それ故、本人は「自分は娘。の補欠だ」と言うコンプレックスを持った時期も有った旨をエッセイで語っている(当時のオーディションでは3人加入の予定だったが、どうしても外せない子が一人居た為に4人となったと云う。それが辻だった)。
オフショットでは目を寄り目にする等、「変顔(へんがお)」をして写真に写る事が多い。
自他共に認める大食いキャラ。そのハングリー精神(?)からか、2001年夏のハロモニ。シャッフルユニット対決スペシャルでは、10人祭が優勝を逃し、賞品の焼きそばを獲得する事が出来なかった際、「ら(だ)ってみんな自慢すんら(だ)も〜ん」と悔し泣き。「焼きそば事件」「辻・悔し涙ぽろり」として伝説となった。
好きな食べ物はアイスクリーム。地元のスーパーでは「8段アイス(ソフトクリーム)」を良く食べていた。大食いだが早食いではない、美味しそうに食べると複数の人間から言われている。
勉強は大の苦手で、特に英語が苦手。めちゃ×2イケてるッ!の特番「私立岡村女子高等学校。」の岡女期末試験では、数学は上位だったが英語の点数が殆ど取れなかった。結果発表の後、その英語の珍回答を公開されてしまいバカ女(ばかじょ)となる。翌年夏に行われた真の馬鹿(「サマージャンボバカ」)争いではなんとかその座を逃れた。更にその2年後の秋に行われたWBC(ワールド・バカ・クラシック)決定戦迄の間に英会話教室に3ヶ月通ったが、その成果が発揮される事は無かった。しかし、辛くもWBCの座からは逃れた・・・ ranking
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。