株取引





 本田美奈子 恋のバカンス 







[本田 美奈子 裏情報]

本田 美奈子.(ほんだ みなこ.、1967年7月31日 - 2005年11月6日)は、日本の歌手、女優、タレントである。本名は工藤 美奈子(くどう みなこ)。英語表記は『Minako Honda.』。

東京都葛飾区柴又生まれ(出生場所は東京都板橋区成増の成増産院)、埼玉県朝霞市育ち。
東京成徳短期大学附属高等学校(現:東京成徳大学高等学校)普通科入学(芸能界デビューのため転校) → 堀越高等学校(堀越学園)卒業。同級生にいしのようこ、岡田有希子、長山洋子、南野陽子、森奈みはるらがいる。南野陽子とは堀越学園編入試験の頃から一緒だった。
血液型はO型→A型(臍帯血移植により変化)・・・ ranking


1992年上演のミュージカル『ミス・サイゴン』のオーディションに合格。 主役のキム役に選ばれ、その高い演技力が好評を得る。同年第30回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞。この作品は 1年半のロングランとなった。以降、ミュージカル女優としての活動が中心となる。

2003年5月、初のクラシックアルバム『AVE MARIA』をリリース。声楽的発声・歌唱法によるボーカルで、クラシック音楽界への進出となった。クラシック関係者の間では賛否両論ではあったが、クラシックという古い音楽を、現代の日本人にとってリアリティーのあるものにしているという点で、評価が高まっていた。

2004年11月、テレビ番組に出演した際に細木数子のアドバイスを受け、画数が31画となるよう名前の後に「.(ドット)」をつける改名(読み方は変わらず)を行った。

2005年1月、急性骨髄性白血病と診断され緊急入院。現在の医学では白血病は必ずしも不治の病ではないが、彼女の場合染色体に異常があり、最初の治療で寛解導入できなかった予後不良のタイプだったという。骨髄移植は適合者がいなかったためにできず、3回の化学療法による治療後、5月に臍帯血移植を受け、7月末には一時退院できるまでに回復したかに見えた。が、わずか1ヵ月後に染色体異常が見つかり再発が判明。再移植は出来ず、アメリカ製の新薬の抗がん剤投与で一時は小康を得たが、再び染色体異常が見つかり間もなく容態が悪化、2005年11月6日午前4時38分死去。享年38。

同時期に白血病と診断され入院したお笑いコンビ「カンニング」の中島忠幸と、闘病中互いに文通などで励ましあっていた。その後、中島は2006年12月20日に逝去した。

その後、葉山たけし、寺田恵子らは本田のことをブログで語っていた事もあった。また、特別番組『天使になった歌姫・本田美奈子.』・『LIVE FOR LIFE in ASAKA 2006』を始め、『たけしの誰でもピカソ』・『題名のない音楽会21』・『ミュージックフェア21』・『徹子の部屋』・『ドリームプレス社』で本田を特集した。

また本田が歌手デビューするきっかけとなった長崎歌謡祭を主催・製作した長崎放送は、彼女のメモリアル・コンサートを、ぜひとも彼女の天使の歌声がマッチする平和都市・長崎で開催したい、という企画を立てているらしい・・・ ranking
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。